スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

固定観念に囚われない

それが最近のゼクスの目標。いや、ゼクス以外にも通じるかもしれない。
たとえばクロエのヴォイドブリンガー、当初はワイヤーのため、ビートに強くするために白を採用していました。しかしある時ゼクス仲間がこう言ったのです。
「ワイヤーは果たしてクロエに必要なのか?」
「パスサールだけがクロエに使われるヴォイドなのか」

自分だけではこの発想に到達できなかったと思いますし、デッキについて話すことはとても重要だと思いました。そこで見つけた(というか提案された)のがこれ。
グリーゼ

主に今使っているクロエデッキの「クロエがイグニッションやリソ埋めで見えるまで気づかれない原因」の9割がこのヴォイドを使っているからといっても過言ではありません。ヒロイックサーガで対戦後にお相手さんに感想をお聞きいたしましたが、「最初はシンクロトロンのコントロールか何かかと思った」と仰っていました。

このヴォイドによりクロエは「普通に強い青黒コントロールとしても運用」出来て、なおかつ「手札にイグニッションが溜まった場合、その手札をデッキトップと交換して、ついでにリソを踏み倒す」というゼクスレアデッキらしからぬ安定感を得ることに成功。「なぜかシンクロトロンデッキにかなり自然にクロエを入れることが出来る」という、もはや自分の理解の範疇を超える意味のわからないデッキになってしまいました。
しいて言うなら、前弾のダンサーのような「安定した青黒として動きつつダンサーで戦力補給できる」という感覚に近いでしょうか。ちなみに青黒にする恩恵として枠がかなり空いたのでグラを入れることが出来ます。最初はそれ(グラを積めること)を知ってしまったとき「なんだこれ」って思いました。
青白黒エではラスダーシャンに対して結構厳しくなりますが、シンクロトロン以外にもグラなどを搭載することでコントロール相手にも苦手意識を持たずプレイすることが可能になりました。

その代り、当然ではありますがマリエルやパスサールを積んでいないので以前のようにIGアイコン最高打点が5000のようなデッキを安定して狩ることが出来なくなりましたが、どのデッキ相手にも臨機応変に戦うことが出来るようになっていて割りと手に馴染むデッキとなりました。後は対戦経験を積むだけですねー。

グリーゼに気づき始めている人はもう結構いるみたいですし、彼女はこれから高くなりそうなカードの1枚です。
っていうか本来ダムスタのコストとしてグリーゼはデザインされたと思うのですが、なかなか使うまでに踏み切れませんでした。

仲間内で話していたのですが、クロエがここまで手厚くサポートされているのは最近のゼクスレアはアニムス(と、ギリラファエル)くらいしか目立たなかったこと、そして日本一ソフトウェア2という専用サポートを出しづらいパックにクロエが収録されたこと。
収録されたパックがコラボパックなので専用サポートは出しづらい。そこで、通常の弾でクロエをサポートしたという話が出て、それが本当なのかそうでないのかはともかく自分の中で納得しました。というのも、クロエの基礎的なカードは新フリーカードのものばかりなのです。ツァッケが出た時点でクロエは相当決めやすくなっていたのではと思います。

何がいいたいかいうとフリカ出た時点でクロエ組んでおけばと思いました。デッキレシピや細かいプレイとか、気づいたこと、採用したかったけど出来なかったカードなどはまた後日。

B12-021 [R] : バトルヒーロー グリーゼ(ホログラムレア) 中古販売価格350円 (税込)

Pagination

Utility

はじめに

このブログは脱初心者レベルのゼクスの腕の管理人が「ゼクスとはどんなものか?」「興味あるけどなにから始めていいのかわからない」といった人向けの記事を書いていくブログです。
発展的なプレイングなどをお求めの方はゼクスあんてなを御一読されるのがオススメです~

オススメ記事:ゼクスを始めるには何を買えばいいのか?オススメのスターター、ボックスを紹介!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。