スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロエのワイヤー採用

が、なんか話題になっていると友達の耳から入ってきた(真偽は定かではない)ので、少しそれについて話しましょう。
というか、ちょっと前の記事に「ワイヤーを取らなくていいならそのほうが強いと思います」的なこと書いていると思うんで、この記事要るのか果たして微妙なんですけども、私の「クロエにおけるワイヤー」について一言二言。

クロエに慣れるまではワイヤー採用は十分アリだと思います。とにかくとりあえず入れるべきかと。そして、その上で「ワイヤーが果たしてクロエに必要なのかどうか」を考えるとよろしいかもしれません。そこからクロエ構築について考えだすと楽しくなって、クロエ沼に落ちます。
ワイヤー採用は人、環境によって入れたほうがいいって場合もありえますし、そうじゃない場合もあります。

ちなみに、今の私のクロエはワイヤーが入っているかと聞かれると答えは「No」。と、いうか、今使っているクロエはかなりブログで書いているものとは別物になっていて強さが桁違いになっており、オールラウンドに戦えるデッキになっています。
実際どれくらいオールラウンドに戦えるかというと、本来苦手なはずのデッキであるラスダーシャン&マシャールを積んだ友達のコントロールデッキに勝率半々くらい取れるデッキになっています。ラスダーシャンでクロエはやられる、とは一体何だったのか。

クロエがラスダーシャンキツいのは知っていましたが、構築頑張れば思ったよりかはしんどくない感じに戦えそうです。

予約開始!Z/X -Zillions of enemy X- スターターデッキ 灼熱の暴竜[C12] 予約販売価格1,134円 (税込)
灼熱

Pagination

Utility

はじめに

このブログは脱初心者レベルのゼクスの腕の管理人が「ゼクスとはどんなものか?」「興味あるけどなにから始めていいのかわからない」といった人向けの記事を書いていくブログです。
発展的なプレイングなどをお求めの方はゼクスあんてなを御一読されるのがオススメです~

オススメ記事:ゼクスを始めるには何を買えばいいのか?オススメのスターター、ボックスを紹介!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。