スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Z/X】クロエの回し方解説、デッキレシピ(改良済み)

クロエゼクスレア

IG成功率が8割、ペンギンを飛ばしまくってくる青イェーガーにもほとんど負けることがなくなるレベルでクロエをビートに対して強く寄せる構築の開発に成功しました。
このデッキはやや癖があるので、回し方等を解説していきたいとおもいます。
もちろん、この回し方がはたして正解かどうかも怪しいし、デッキレシピによって回し方も人によって全然違ってくると思うので鵜呑みにしない方がよろしいかと思われます。
本当は、ダムスタクロエで1から考えたほうが自分の手に馴染んで強いクロエが出来上がると思います。なのでこの記事を読む人はある程度クロエを回して「勝てねーーーー」って人、クロエを考える時間のない人、クロエ作る気ないけどどんなデッキを知りたい人にオススメです。あくまで私なら、という前提の元読んでいってください。


1 x アイスブラスト サドル
4 x イヴィルベイン パスサール
4 x 復讐を誓うキリア
4 x 絶望に打ち勝つ むてん丸
4 x 飛来する鋸歯ツァッケ
4 x 天使長マリエル
4 x ダンスコード・エングレイヴ(F)
1 x 世界の記録者レジストル
4 x 不思議の国の帽子屋マッドハッター
4 x アドミニストレータ アルタイル
4 x 世紀の大怪盗ワイヤー
4 x 因果の導き手クロエ
4 x 斬魔真紅剣シンクロトロン
4 x 勇者巨神ダームスタチウム
1 x 獅子島七尾

仲間の間でクロエを改良しまくって、すでにクロエの構築にはかなり個性が出るようになりました。かなり楽しいです。強さもさることながら、これほど考えるのが楽しいデッキは今までになかったんじゃないかとさえ思います。
さて、このデッキレシピはおそらく比較的回しやすい方のクロエなのではないかと思います。少し気になる点があるとすればちょっと白が少ないくらいなのでそこが負け筋に繋がると嫌なので改良したいです。

先に前回のデッキレシピから改良した点を書きます。それは現在絶賛配布中のダンスコード・エングレイヴ(F)です。

ダンスコード

まさしくクロエのために開発されたといっても過言ではないイベントです。現在はあまり見かけないイベントですがクロエデッキにおいてこのカードは序盤の安定性をさらに上げる超凶悪なカードになっています。
「自分の手札を減らさず、相手にチャージを与えず相手のゼクスを除去できる」これはクロエにとってどれほど強いかは回してみれば実感することかと思われます。特にチャージを消費して殴ってきたフーカをバウンスできるのは無慈悲の一言。
このカードによりウルティオーをスタートカードにできますが、ウルティオーは私にはあまり合わなかったみたいなのでスタートは引き続きサドルを採用しています。


さて回し方です。当たり前ですがこのデッキはクロエを主軸にしたデッキなので、回し方はクロエを意識したものとなっています。
クロエは後攻が圧倒的有利。
基本的にはむてん丸、マリエルを配置して序盤を耐え抜きます。5500を突破するカードは百騎兵もしくは4コストのゼクスなので、デッキによってはムリエルやむてん丸を突破できずビートが止まってしまうということが多々あります。こうなれば勝ちパターンに入ります。ここで勝ちパターン1。
4コス時にパスサール&ダンスコード、むてん丸orマリエル+サドルを構えることが出来れば相手は4コスで5500のゼクスを一発で殴るくらいしか行動が出来ません。

5コス時にアルタイル、もしくはむてん丸orマリエル+ダンスコードを構えます。先攻であれば4コスのゼクスをアルタイルで攻撃。この時キリアで4コスのゼクスを戻すことが出来れば勝ちパターンに入ります。ここで勝ちパターン2。
次は相手はイグニッションをおこない、そのあと3コスト+2コストのゼクスでアルタイルを殴るか、5コストのゼクスでアルタイルを殴ってきます。ここで相手のイグニッションが失敗すれば勝ちパターンに入ります。勝ちパターン3。

その次のターンにダムスタを投下、もしくはワイヤーでIGアイコン全回収。時間が長引けばクロエ揃えて勝ちです。
6、7コス時にダンスコードを構えたダムスタを突破するのは11000打点のないデッキではほとんど不可能なので、相手がダムスタを突破できないのであれば勝ちです。突破されたとしても次のターンに相手のゼクスを処理しつつシンクロトロンをプレイヤースクエアに立たせることが出来ればこれも勝ちです。

イグニッションは基本的に行いませんが、イグニッションアイコン持ちゼクス以外は基本的にイグニッションをしていきます。イグニッションを全くしないとチャージが溢れることと、それからワイヤーで回収してもうまみがないのがその理由です。
ダムスタの弾になるのでイグニッションアイコンをあらかじめ配置しておくことも重要です。

ワイヤーを引いているのであればスタートカードのサドルは使っていきましょう。サドルでデッキに戻すカードは最優先がアルタイル、その次に手札でだぶったパーツ。ワイヤー2枚引いているのであればワイヤー戻し、シンクロトロン2枚だぶっているならシンクロ戻し。特にシンクロトロンはクロエで出すと圧倒的に強いので、手札に2枚あれば積極的に戻していきたいゼクスの1枚です。そしてその交換でイグニッションアイコンが引ければラッキー。場にIGが二枚出ていればクロエ1ダムスタ1IG4の状態でエンドを迎えれば次のターンクロエを高い確率で飛ばせます。
場のIGがやられたらイグニッション。ツァッケをめくれば強いしイグニッションアイコンが出るだけでもパスサールをPS配置からのダムスタで2回収でクロエ投げクロエ発動ができます。

当初は百騎兵がキツそうに思われましたが、ダンスコードの採用により百騎兵を採用したビートにもかなり勝てるようになりました。
そして気づいたことですがクロエのヤバいところは「対応力の高さ、構築の自由度」にあると思います。同じくコストを踏み倒してくるアニムスはローレンシウムを12枚、マインドデザイア4枚、アニムスを4枚積む関係で枠がかなり固定化され、さらに7コストゼクスを大量に入れるためどうしても構築が縛られます。今後登場する7コストゼクスはアニムスを意識したデザインになっていく可能性も十分想定されます。

しかしクロエはダムスタ+クロエ(+ツァッケ)という土台が強いので環境、仮想敵に合わせてカスタマイズ出来るところが強いです。さらに次に出るゼクスの新能力はイグニッションアイコンを引き込むとがっかり、を解消できる能力であることがゼクストリームでIG久保田によって明言されています。これはクロエに依存しなくてもイグニッションアイコンを活用する手段が増えるということ。クロエはさらに進化する可能性を秘めているわけです。

さて、一通りクロエで回して思ったこととかを書いていきます。
クロエVS他デッキ
・IGフルヒット
このデッキはベインが入っていないため大量のイグニッションアイコンを処理する手段がバウンス系の札に依存することが出来ます。パスサールたちの打点を超えてくるカードでガン捲りされて、早々に残り1点まで追い込まれるとつらいです。
が、この負け筋はクロエのみならず大抵のデッキがキツいので考慮しません。

・ダームスタチウム、シンクロトロンを一撃で葬りさる札
シンクロトロンが横になっている状態で一撃でシンクロトロンを倒し、その後追撃をかけてくるデッキが苦手です。そういう意味では6コスアルモタヘルを主軸にしたデッキは天敵と言えます。しかし最近そのアルモタヘルビートにもクロエは勝てるようになってきました。

・青イェーガー
カモです。リソをイェーガー2枚おいて、ペンギン連打IGフルヒットみたいな猛者でない限り負ける要素がありません。最初は仮想敵として一人回しをしていましたが友人に「青イェーガー相手に回すの時間の無駄だからやめたほうがいい」と言われました。

・ダンサー
クロエ決めて脇と中央固めれば勝ちです。Type7でダムスタを強引に突破してくるデッキでも、ダムスタを再利用してクロエに繋げることが出来ます。ヴァルバトーゼで手札を回収してくれようもんなら、そのヴァルバトーゼをキリアで戻したらだいたい勝ち。

・アルモタヘル
クロエデッキの天敵っぽいデッキその1。でも最近このデッキにも勝てるようになってきたしどうなんだろ。
アルモタヘルが11000で殴りつつ、ブラックゲイルorアルモタヘル効果で横を開けて、アビッソなどで追撃してくるのがつらいです。

・ノーブルスペルビア
クロエデッキの天敵その2。かなりキツいです。スペルビアを固められると勝てません。なのでスペルビアは多少強引な手をとっても最優先で倒すべきです。
相手のスペルビアによる被害が1ハンデスくらいならクロエ決めて勝てます。

・ハンデスブレイバー
クロエの動きを阻害されてウザいのと、アルクスの存在により打点を補ってくるのでダムスタの固さ生かせずつらいです。カイザーで場を荒らされるのもキツい。天敵デッキその3です。勝率が半々くらいなのでこれに勝つことを目標にしたいです。

・アニムス
対戦不足です。試行錯誤が必要ですね。クロエVSアニムスでは今のところアニムスには負けてませんが、対戦回数が多くなれば負けも結構出てくるのではないかと。
極大神器ローレンシウムが3バウンスしてくるためクロエを決めても盤面解決されます。アニムスを意識するのであればマルキダエル型でクロエを決めた後にマルキ連打で全埋めかと。相手は次のターンミーティア、ベイン、極大のどれかで返すことになりアニムスは飛んできません。AZを搭載していれば極大やミーティアで戻されたあとAZ連打でわからせることもできます。クロエで出すカードはバウンスされることを考えるとイグニッションアイコンを1枚出すのもいいかも。うまくいけば次のクロエに繋げることもできるかもです。クロエを揃えるかアニムスの体制が整うかのスピード勝負になりますね。
コツは絶対に猫の恩返し、マインドデザイアを打たせないウルティオーは殴らない。相手がリソ残しているなら出してターンエンドを繰り返し。
次の環境でアニムスはかなりキツくなりそうですが、まだアニムスが多いのであればアニムスに寄せたクロエも一考です。

Z/X -Zillions of enemy X- 第12弾 「魔蠱の人形姫」 予約販売価格1BOX4,530円 (税込)
人形姫

Pagination

Utility

はじめに

このブログは脱初心者レベルのゼクスの腕の管理人が「ゼクスとはどんなものか?」「興味あるけどなにから始めていいのかわからない」といった人向けの記事を書いていくブログです。
発展的なプレイングなどをお求めの方はゼクスあんてなを御一読されるのがオススメです~

オススメ記事:ゼクスを始めるには何を買えばいいのか?オススメのスターター、ボックスを紹介!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。