スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンクロトロン採用型 青白ダムスタクロエのデッキレシピ【Z/X】

クロエゼクスレア



1 x 獅子島七尾
1 x アイスブラスト サドル
4 x イヴィルベイン パスサール
4 x スクープを追うマンチカン
4 x 天使長マリエル(or復讐を誓うキリア)
4 x 絶望に打ち勝つ むてん丸
4 x 聖獣オーラヘケト
1 x 封印解放シノブ
4 x 不思議の国の帽子屋マッドハッター
2 x 世界の記録者レジストル
4 x 十二使徒 白羊宮マルキダエル
2 x オリジナルXIII Type.II“Sd03Ve”
4 x 世紀の大怪盗ワイヤー
4 x 因果の導き手クロエ
4 x 斬魔真紅剣シンクロトロン
4 x 勇者巨神ダームスタチウム

前回公開したデッキレシピからがらっと構築が変わりました。といっても友人の使っているデッキレシピほとんどそのままです。
今回はクロエと組み合わせる色として白を取っています。
青白にするメリットは
・パスサールが新ダムスタに対応しているところ
・ワイヤーを使うことで確実にIG持ちゼクスを回収できる
・マンチカンやオーラヘケトをダムスタで使いまわすことができる
ところがあります。ワイヤーを採用する弊害として序盤にイグニッションが出来ないためどうしても物量で攻め負けますが、そこはパスサール+サドルを構えることでなんとか序盤をしのぎ切りましょう。

マルキダエルは他のマルキダエルデッキと違い脇役。序盤は5コス7500のゼクスとして、後半はクロエから出して強いゼクスとして使います。よって、クロエを使うときは白リソをすべて残しておくと良いでしょう。マッドハッターを落とすことが出来れば、次のターンにもう一度クロエを狙うことも可能に。

シンクロトロンはドローソース、そしてシンクロトロンのカードパワーが非常に高いので採用。クロエから出しても強いです。デッキバウンスも相当強力で、クロエの準備が整うまでの時間稼ぎに最適。

ちょっとこれ強すぎじゃないか?と思っていたスタートカードである「アイスブラスト サドル」はクロエとかみ合いすぎて怖いですね。イグニッションアイコンを無理やり引き込んでクロエを発動させてもよし、序盤の戦線維持に使ってもよし、地味ながら非常に凶悪なカードでありました。

このデッキはダムスタもしくはクロエを引き込まないことには勝てないため、マッドハッターは4枚投入。入れない理由は特にないと思います。

このデッキはアニムスと同じく、「準備が整えば勝てる」タイプのデッキだと思います。アニムスと違い一気に盤面を埋めまくるということはできませんが、アニムスと違いマトックがそんなに痛くないところやツインミーティアリゲルでバウンスされたとしても、もう一度クロエを出すことが出来るところ、デッキのリロードを気にしなくてよいところなどが優れている点だと思われます。

クロエを使って先に盤面を埋めまくることさえ出来ればアニムスにも勝てると思うし、かなり実践的なデッキに仕上がっていると思います。

第8弾 『神祖の胎動』B08-053 [SR] : 世紀の大怪盗ワイヤー  中古販売価格350円 (税込)

Pagination

Utility

はじめに

このブログは脱初心者レベルのゼクスの腕の管理人が「ゼクスとはどんなものか?」「興味あるけどなにから始めていいのかわからない」といった人向けの記事を書いていくブログです。
発展的なプレイングなどをお求めの方はゼクスあんてなを御一読されるのがオススメです~

オススメ記事:ゼクスを始めるには何を買えばいいのか?オススメのスターター、ボックスを紹介!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。