スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近試したこととか

スターターローレンシウム

・バウンスマシャカに新スターターのローレンシウム採用
バウンスマシャカは基本的に盤面解決をハジェスやデュエルに依存しているため、デュエルを握っていない状態でのアセディアなど厄介なゼクスの複数処理が苦手である
→実際に試してみたら青が多すぎてアスピドケロンの効果が発動出来なくなった。緑枠の百騎兵を増やすことでこの問題は一応解決出来ると思われる。しかしせっかく増えたキリアを筆頭とする青の強力なイグニッションアイコン持ちバウンス札を削るのはかなり躊躇われる。

が、フィーユ不採用により緑のカードが減ること、何よりフィーユによる手札の安定性というバウンスマシャカの強みが失われるので要検討といったところ。
バウンスマシャカの弱点であるアクターレはどちらを採用しても弱点であることに変わりない。

しかし新ローレンシウムの盤面解決能力は非常に優れているので、例えば他のローレンシウムを積まなかったり、アニムス以外のデッキでの採用も十分に検討出来るカードだと思われる。

新ローレンシウムは自分のゼクスも戻すことが出来るので、自分のゼクスを戻すことで連続攻撃を決めることが出来る。しかし彼自身7コストと少々重めなため、自分のカードを戻してイグニッションアイコン持ちで追撃するという場面は予想よりも少ない。
もちろん完全に出来ないというわけではないが、この連続攻撃がなかなか成功しないあたりゼクスは相当バランス調整がなされているカードゲームであるということを再認識しました。

ルクスリア

ところで新ルクスリアは試したことがないし使われたという話はまず見たことがないのですが実際使おうとしている人はどういう使い方をしているのかかなり気になります。
とりあえず発動していれば強い新ローレンシウムと違ってルクスリアは明確に使い方を決めて活躍させる超玄人向けカードだと思いますが、私には扱えそうにないです。残念。

Z/X -Zillions of enemy X- スタータデッキ 正義の鉄槌[C11] 予約販売価格1,134円 (税込)
正義の鉄槌

Pagination

Utility

はじめに

このブログは脱初心者レベルのゼクスの腕の管理人が「ゼクスとはどんなものか?」「興味あるけどなにから始めていいのかわからない」といった人向けの記事を書いていくブログです。
発展的なプレイングなどをお求めの方はゼクスあんてなを御一読されるのがオススメです~

オススメ記事:ゼクスを始めるには何を買えばいいのか?オススメのスターター、ボックスを紹介!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。