スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Z/X】「美と戦いの女神フレイヤ」はブレイバー復権への道標となるか

B_FLQzTVEAATmxa.jpg


フレイヤのテキストを読むと出た時バーンの効果ともう一つの効果を持っているように見えます。おそらくこのカードはライフリカバリーであると思います。
もしこのカードがライフリカバリーであれば、赤の強力なゼクスである鉄甲職人ガントレットを積むことが出来ません。ガントレットはフレイヤとは違い手札から登場したときでもダメージを与えることが出来るので非常に安定しています。ブレイバーを主軸にしていないデッキではガントレットのほうが優先されると思います。

フレイヤの強みは①「自身がブレイバーである」②「全体に2000バーンを与える」というところで
①は卑弥呼と併用することで4000バーン=だいたいのヴォイドブリンガーと百騎兵を倒せる
②は紅牙の皇帝カイザーを使ったバーンの追撃をかけることが出来て便利です。卑弥呼orフレイヤの2000バーンとカイザーの6000バーンであわせて8000までバーン出来るので、流行りのマルキダエルやアセディアなど、大抵の中型で放置すると厄介なゼクスを焼きつつ攻めに回ることが出来て非常に強力。

悪の根源アジ・ダハーカは全体に3000バーンを与えますが、卑弥呼をめくらないとパワー5000のゼクスを倒すことができなかったので、卑弥呼以外に捲れておいしい札の登場はかなり嬉しいものとなっています。

今までのブレイバーデッキにおけるライフリカバリー持ちのイグニッションアイコンは、北条の戦姫 甲斐姫のようなカードかラクシュミーのようなバニラしか居なかったため、どうしてもブレイバーの苦手な大型相手に強いガントレットを採用せざるを得ませんでした。
しかし、もしこのカードがライフリカバリーであればイグニッションアイコンのブレイバー率を無理なく上げることが出来、ブレイバーデッキの地力を底上げするカードになると思います。

第8弾 『神祖の胎動』B08-065 [R] : 紅牙の皇帝カイザー(ホログラムレア)  販売価格90円 (税込)

Pagination

Utility

はじめに

このブログは脱初心者レベルのゼクスの腕の管理人が「ゼクスとはどんなものか?」「興味あるけどなにから始めていいのかわからない」といった人向けの記事を書いていくブログです。
発展的なプレイングなどをお求めの方はゼクスあんてなを御一読されるのがオススメです~

オススメ記事:ゼクスを始めるには何を買えばいいのか?オススメのスターター、ボックスを紹介!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。